2021年03月19日

PRESENT企画終了へ

「引退試合もできずに終わってしまう中高三年生を応援できれば」
という思いでやってきた中高生応援活動「PRESENT企画」。
三年生も卒業だし、様々な大会なども再開されつつある状況を考えると、
この活動もそろそろ終わりかなと思ってます。


nakanoshima.jpg


現在までに13校の撮影をしてきました。
ざっと数えてみたところ、最上級生のポートレートはちょうど100名、
在校生や顧問の先生、父兄など全ての人を含めると457名の撮影をしてきました。
この後まだいくつかの学校を撮影する方向で調整中なのでもう少し増える予定です。
連絡をもらったけれど、コロナを理由に学校や自治体などからNGが出て実施できなかったことは数知れず。
遠くは北海道から「旅費や宿泊費も出すので」と相談をいただいたりもしました。
状況を鑑みると「そこまで危険を犯すことはできない」という結論は当然ですが、なんとも残念です。


SUG06870.jpg


各校をまわる中で、このおじさんは誰だ?なぜ私たちの写真を撮りに来たのだろう?
と怪訝な顔でこちらを見る中高生に




写真は撮った瞬間が一番取るに足らないもので
時間が経てば経つほど、その意味や価値が高まっていくものなんだよ





という話をしてきました。


SUG06926.jpg


撮ったその場で写真を見ても
「かわいい〜!」とか「お前超変な顔してるw」とかその程度のものです。
でもその写真を例えば10年20年、もしくは50年経ってから見たらどうだろう。
毎日顔を合わせていた友達、いつでもいけると思っていた場所やいつでも手に取れる気がしていたもの。
もはや誰がどんな顔しているかなんてことより、当たり前としてなんとも思っていなかった当時の「今」を目にして、必ず何か感じるところがあるはずです。
当時の「今」を感じることが、現実の「今」の力になることもあると僕は信じています。
コロナで悔しい思いをしている中高生が、将来この写真を見て何か感じてくれる時が来るといいなと思いながら撮影しています。


SGN02199.jpg


SNSや人づてにこの活動が広まって、色々な繋がりが見つかったり、思いも寄らない発展もたくさんありました。
中高生のために、と言いながらしっかり自分にもプラスになっていて、
何でも思ったことはやってみるものだなとつくづく感じています。

この活動を通していただいた、形には残らないけどとても大切な宝物は、父兄の方々との交流です。
その場でお話をしたり、メールや手紙で感謝の気持ちを届けてくださる方もたくさんいました。
お礼の言葉よりも嬉しかったのは、我が子をどのように見てきたか、打ち明けてくれる方がたくさんいたこと。

実はうちの子運動苦手で…
うちの子は持病があり…
不登校だったのですが…
大会がなくなって茫然自失の子供になんと声をかけていいのかも分からず…

お子さんそれぞれの色々な思いや事情。それをそばで見てきた親御さんの苦労や心配。
普通であれば、仲良くなって一杯飲みにでも行かなければ打ち明けてもらえないような話です。
新米の父親である自分にとってそれはとても貴重で得難い経験でした。
その経験を通して僕が自分の息子を見る目も変わったし、
物事の捉え方すらも少し変わってきている気がしています。

なんだか完全に終わった感じになってますが、現在調整中の数校はまたしっかり撮影しますし
もし卒業後だけどセレモニー的なことだけ後日やるので撮ってほしいなどあれば、出来る範囲で対応したいと思っています。


SUG06874.jpg


いつまでこんな状況が続くのだろうとうんざりする気持ちもありますが
これからも今まで通り、出来ることを、やりたいことを、一つ一つ重ねていければと思っています。
posted by SUGI-NOTE at 00:21| Comment(0) | 日記