2019年04月01日

オールドレンズ


古いマニュアルレンズで遊んでます。


DSC04904.jpg


自分の写真に満足がいかないと、新しいカメラやらレンズが欲しくなったりするのだけど
それは単なる現実逃避であって無意味なことが多いです。


DSC05026.jpg


でもどうしても気になって仕方がなかったので、
ソニープロサポートで色々なレンズをお借りして試してみた。

色々試して、やっぱり単焦点の明るいレンズはいいな、というのが結論でした。
Planar T FE 50mm F1.4 ZAがとても良かったので、買いたいと思ったのだけど
そういえば1本、ニコンのai 50mm F1.2を持っていたことを思い出した。
古いマニュアルレンズ。

マウントアダプターを介せば僕のsonyのミラーレスカメラでも使えるではないか、
ということで、このところその古いマニュアルレンズで遊んでいます。


DSC04988.jpg


DSC04986.jpg


開放だと収差も周辺減光もひどいし歪みもあるし、なかなか使いにくい。
買おうかと思ったPlanarなど、最新のレンズの素晴らしさを痛感する。
でもでも、必ずしも四隅まで行き渡る精密な描写を求められないシーンもあるはずで
そういうケースでは独特の面白みを発揮してくれそうな期待ができるようなそうでもないような気がします。
仕事では使えるシーンはかなり限定されそうだけど、
プライベートで遊んで使う分にはなかなか面白いです。


DSC04920.jpg


DSC05581.jpg



レンズを変えるだけで撮る写真が変わる。
でも変えたくても全く変わらない、変えられないところもあるのは事実。
何を言ってるか分からないけど、本当にそうです。



最近のカメラの性能はすごい。
もはや天文学的数字になっている画素数や
勝手に瞳を追いかけたりするオートフォーカス、
1秒間に何十枚も撮れる連写性能、などなど。
魅力を感じる一方、写真って一体なんなんだろうって、少し頭がくらくらする。

オールドレンズで子供や好きな人、好きなものを撮っていると
心がおどったりホッとするのはそういうことなのかもしれない。
単なるノスタルジーとかではなく。

高性能、高機能に踊らされるものか。
本質を見抜いて取捨選択するのはこちらの仕事だ。


DSC04994.jpg


DSC05073.jpg
posted by SUGI-NOTE at 00:46| Comment(0) | 日記

2019年02月12日

トミーウンゲラー


児童文学作家のトミーウンゲラー氏が亡くなったというニュースを見かけた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021100153&g=int

我が家では毎晩絵本を二冊読み聞かせてから子供に寝てもらう。
図書館で5,6冊借りてきては、その日に子供が読んでほしいと選んだ二冊を読んで
「はい、じゃ寝ましょうね」と。

必ずまだ寝たくないと暴れまわる機関銃息子と早く寝てほしい親の定期戦(毎晩)。
双方歩み寄って
「絵本二冊読んでから寝る」
という落とし所を見つけ、それが習慣になったというわけです。
2歳くらいからそんな感じなので、今までそれなりの数の絵本を読んできた。

「すてきな三にんぐみ」も「コウモリのルーファスくん」も強く印象に残っている。


名称未設定 1.jpg


絵本って本当に自由で、ハッピーエンドばかりではないし
読み終わってどう理解して良いのか混乱してしまうものも多い。
子供にもわかる簡単な短い文章と絵を使って
読み終わった心に不思議な余韻を残す。

僕も自由な写真を撮りたいなと思います。
posted by SUGI-NOTE at 17:19| Comment(0) | 日記

2018年11月05日

photo exhibition 「trees」開催のお知らせ


自然の美しさは優しさや厳しさ、強さを含んでいる。
そんなことを感じながら撮った5枚の写真を展示します。


ブログ2.jpg


杉能信介写真展 trees

期間:2018年11月5日(月)〜12月28日(金)
場所:フォルテック一級建築士事務所
    新宿区若葉1-16-7 Bois Grand四谷若葉1F
    四ツ谷駅より徒歩約5分


人は「キレイだ」「おもしろい」と感じたり、心ひかれたシーンを写真に撮ることが多い。
いつ、何を見て心が動くかはその人の美意識や経験、人間性に関わってくる。

兄がいなくなってしまった事実と自分に息子ができたことは、
僕の人格に大きな影響を与えていて、色んなことがずいぶん変わりました。



何か特別なことを成し遂げられたら素晴らしい。
でも、ずっと変わることなく、いつでもそこにあり続けることや
当たり前であることもとても偉大なことで、
そういう「強さ」を以前より意識するようになりました。

16thWKCのインタビューで漫画家の井上雄彦さんが強さの定義として、
色んな価値を飲み込める、「含む」イメージを持っている
と言っていたのがずっと頭の中にあります。
http://16wkc.jp/interview/
(16thWKC実行委員会関係者のみなさん貴重なインタビューをありがとうございます)

良いこと悪いこと、嬉しいこと辛いこと全て受け入れ、いつでもずっとそこにある。
その存在はとても強くて美しくて優しくて厳しい。

そんなことを考えながら、今僕が心ひかれるものを素直に撮りました。
一人でも多くの人に見てもらえたら嬉しいです。


貴重な機会をくださった島田さん、森上さん含めフォルテックのみなさん、
それからきっかけを作ってくださった太郎さん、
本当にありがとうございます。


・展示について
DSC05926.jpg
上記写真のように
ガラス越しに屋外に向けて飾られた写真を外から見ていただく形になります。
受付等はなく、建物前の道を通る全ての人が24時間いつでもご覧になれます。
ただ、夜は暗くなりますので明るいうちにお越しいただければ幸いです。
posted by SUGI-NOTE at 01:00| Comment(0) | 日記