2018年03月28日

10年後

時間をかけて熟成していくお酒のように
ある種の写真も時間が経つことでその意味だったりその価値が増していくように思う。

先日海外に住む昔からの友人からメールがきた。
一枚のピントが合っていない写真をどうにかシャープにできないか、という相談だった。
添付された写真を見ると、その友人の子供と、亡くなってしまった旦那さんが写っていた。

旦那さんが1、2歳当時のお子さんを抱っこしている写真。
愛情たっぷりに微笑むお父さんの腕の中から、
子供はなんとも臆病な表情で恐る恐るこちらに目線を送っている。
カメラを向けているのがお母さんだからかろうじてこちらを向けた、という雰囲気。
そういう意味でそれは(お母さんは写っていなくとも)三人の家族写真、
家族の親密さがぎゅっと詰まった素敵な家族写真だ。

問題のピントは確かに合っていない。
仕事で色々なレタッチをするけど、ピント調整はほとんどしたことがない。
というのはピントに関してはできることがかなり限られるからだ。
photoshopにはピントに関するツールがいくつかあるけど、シャープにするとなると必ず画像の劣化を伴う。
不自然にコントラストが上がったり、画質が荒れたり、どうしても弊害を避けられない上、
ピントが100%合った写真に仕上がるわけでもない。そういう写真は仕事ではやはり使いづらい。

でも今回はそうも言っていられないので、色々試してみた。
一番合いそうなツールを探し、劣化が最小限になるよう
関係ない部分や子供の顔、旦那さんの顔にマスクを切ったりして微調整。
ピントに関しては最初よりずっと良くなった。
が、さすがに一番ボケていた部分には正直ノイズが出てしまっている。
一通り悩んだけど、僕の技術ではこれが限界、と友人に送った。
それでも友人はとても喜んでくれた。
旦那さんとこんな形で初対面となったことが残念だった。


その少し後に、これまた昔からの友人というか先輩から連絡があった。
僕は数年前にその人のお父さんの写真を撮ったことがあり、その写真をもらえないか、という連絡だった。
ハードディスクをあさり、その日のうちにすぐに送った。
もうご高齢の方なのでまさかとは思いながら、何かありましたか?と伺うと
やはりその日の午後にお父様が亡くなった、と。
そして僕の撮影したその方の写真を、故人の奥様が覚えていて遺影にしたいということだった。
自分が撮影した写真が遺影になるのは二度目だ。

そういうつもりで撮影したものでは全くない。
でもおそらく遺影なんて多くの場合そういうものだろう。
というかプライベートで撮る写真において撮影する時点で「用途」が決まっていることなんて滅多にない。
「記念に」とか「綺麗だから」「可愛いから」とかそんな感じで撮影することがほとんど。
でもそんな軽い気持ちで撮影したものも、例えば10年、20年後に見たらかけがえのない写真になる。
その時の一瞬を半永久的に保存してくれる写真の力を改めて感じる。

そういうわけで僕は近頃好きな人やお世話になった人、大切な人達を、
何かの理由をつけて撮影するようにしてます。
10年後、その人がまたその写真を見てくれることを楽しみに。


kawa005.jpg
posted by SUGI-NOTE at 02:30| Comment(2) | 日記

2018年03月02日

晴天


とある中高一貫私立学校のパンフレット用写真撮影を、四年前より毎年担当させていただいてます。
毎年お邪魔していると先生方はもちろん広報の方や一部生徒さんとも顔見知りになったりして
卒業生でも何でもないのだけど、もはやかなりの愛着が生まれている。

スタッフと話している中で、
この学校の撮影の際、天気が悪かったことが一度もないことに今回初めて気がついた。
雨が降らないどころか、どの年のパンフレットを見返しても
完璧なまでに青々と晴れ渡った空が写っている。


DSC08005.jpg


毎年、朝から晩まで丸2日間撮影にお邪魔しているので4年間で計8日。
一度学校紹介動画も撮影させてもらったことがあり、その際も丸2日間お邪魔した。
同じ系列の小学校もあって、以前そちらの紹介動画も作成したことがあり、その際も1日か2日通った。
今年はその小学校のパンフレットのスチールも担当したので丸1日お世話になった。

合計で10日間以上通っているのに晴天ばかりというのは恵まれているとしか言いようがない。
ロケの時は何でもかんでも晴天がよい、というわけでもないけど
こと学校パンフレットにおいては澄み渡る晴天を嫌がる理由はない。


自分は教師には向いていないけど、子供は大好きだし「教育」にはとても興味があって
何らかの形で「教育」に関わることができたら、といつも思っている。
そしてどうせなら母校に関わる仕事もやってみたいという思いもあって
事あるごとに口にしているのだけど、今のところそういう機会には恵まれず。
パンフレットでも何かの冊子でもwebでも何でも、早稲田の仕事やりたいっす。


DSC09096.jpg


DSC09122.jpg


DSC09073.jpg


DSC09069.jpg


DSC09023.jpg
posted by SUGI-NOTE at 19:39| Comment(0) | 日記

2018年02月01日

星野リゾート ロテルド比叡

kiri.jpg


比叡山の懐に建ち、琵琶湖を望むオーベルジュ。
星野リゾート、ロテルド比叡webサイトの写真撮影させていただいてます。
https://hr.hotel-hiei.jp


jinjya.jpg


客室など施設写真はもちろん、料理や周辺の観光イメージカットまで盛り沢山。
撮影のたびに宿泊もさせていただいてますが、比叡山という土地の力なのか、
内面に迫るのにぴったりなところだなと感じます。


mado.jpg


こういう仕事は大好きです。
撮影自体はスケジュール的にもかなりハードで、
自分がどう撮ったのかよく覚えてない写真もちらほらあるくらい。

何事にも余裕をもって取り組みたいのはもちろんだし、そうできるように努めてはいるけれど
いつでもゆとりをもっていられるほど現実はあまくなかったりもする。
そうなった時に、つまりバタバタしてじっくり取り組んでいられないような状況、
即時の判断を迫られ続けるような状況に陥った時に自分が何をできるのか。
そうやって自分の地力を試されているような気がするし、
そこで出せるものが本当の自分の力のような気がします。
posted by SUGI-NOTE at 21:33| Comment(0) | 日記