2014年05月28日

燃費と映画


先日、車のエンジンオイルを交換したのを機に
エコドライブを心がけるようにしてみたところ
車の燃費が約2km/L伸びました。(14km/L → 16km/L)

リッター2kmの違いって小さいようでそんなに小さくない。
1回の給油で40L前後入れるとすると、走行距離にして80kmぐらい違いがでます。

ただエコドライブって男らしい運転では全くないので
走り屋や車好きの人にはきっと向かないですね。
でも安全運転ではあるので、僕のように

車の走りで男らしさを出さなくたっていいさ

という人には一石二鳥だと思います。
というか世の中危険な運転をしている人が多すぎる。
共通認識と勝手に思い込んでいる便宜的に作っただけのルールの中で
鉄の固まりに乗って何十キロというスピードで走ること自体が
そもそもどれだけの危険をはらんでいるかもう一度よく考えてみれば
そんな運転は怖くて出来なくなると思うんですが。


-------

【最近見た映画】

1.jpg



アルゴ/ゴーストライター/リミット

ハラハラドキドキ映画三つ。

リミットは個人的にイマイチだった気がします。
アルゴは実話を元にした映画。
ゴーストライターは楽しめました。



2.jpg



扉をたたく人/最強のふたり/船を編む

ジーンとくる映画三つ。
どれも良かったです。



3.jpg


幸せのパン/ムーンライズキングダム/ももへの手紙

ほんわか?映画三つ

幸せのパン的な邦画って常にありますね、なんて言ったら怒られるかな。
ムーンライズキングダム、やっと見れて良かった。
ももへの手紙は西田敏行がほぼ主役です。



4.jpg


ファミリーツリー/君に読む物語/永遠のゼロ


ファミリーツリー 良い映画だと思う。
君に読む物語 珍しくラブストーリー観ました。切な過ぎます。


5.jpg

ザ ファイター/マーガレットサッチャー/ファッションが教えてくれること

伝記、実話映画三つ。

ザ ファイター ただのボクシングヒーロー物語ではなくて兄弟愛、
家族愛など含んだ実話に基づく話であるところがグッと来る。


6.jpg

きっと、うまくいく/ミッドナイト イン パリ

きっと、うまくいく そんなつもりはきっとないんだろうけど、インド版「ハングオーバー」と言ってよい気がします。
インド映画ってどうして途中にダンスシーンが入るんですか?


自分チョイスの映画だけだとどうしても偏るので、
誰かが選んだ映画も(例え嫌々でも)観るのが案外良い気がします。
意外な発見があります。


もっと観た気がするけど思い出せたのは以上です。
邦画が少ないな。。。
posted by SUGI-NOTE at 01:22| Comment(0) | 映画

2013年05月07日

最近見た映画 2013年4月

4月に見た映画



しりあな.jpg

シリアナ
元CIA工作員のノンフィクションを元にした話で
石油をめぐるアメリカ当局、アラブの王族、テロリストなどの黒い関係を描いている。
説明的シーンがあまりなく、ボーッとしてたらストーリーを追うことすら難しい。
頭を使いたいときによいかも。ジョージクルーニーの役者魂を感じた。





スクリーンショット 2013-05-01 2.02.04.png

ロンググッドバイ
チャンドラーの原作小説の大ファンなので、きっと映画にはがっかりさせられるだろうなと覚悟の上で鑑賞。
が、とっても良かった。
小説を知らない人にも同じように良さが伝わるのかはちょっと心配ではある。
「どうでもいいけど」って感じの”It's OK with me”を連発し、所構わずタバコをすう主人公マーロウ。
不器用でかったるそうな雰囲気は小説のイメージ通り。
ただ一つ、ラストシーンは違うと思う。個人的に、あの終わり方は小説の世界観とは相容れない。





スクリーンショット 2013-05-01 2.06.33.png

タクシードライバー
ドイツにいた頃、寮の共同キッチンのドアにこの映画のポスターが貼ってあった。
ロバートデニーロ演ずる若者の葛藤は今の時代にも通じるもので、彼が壊れて行く様は他人事には思えない。
演技やストーリーだけでなく、古い映画だけど映像もすごく良い。





でしゃ.jpg

シャッフルと恋はデジャブはともに「今日の次には明日が来る」という当たり前のことが当たり前でなくなる話。
個人的には「恋はデジャブ」の完勝。
沢山笑えるし、自分ならどうしようって頭を抱えたくなることも多々ある。
でも最後にはホッとさせてくれる素敵な映画。





スクリーンショット 2013-05-01 2.02.34.png

ジョージクルーニー、ユアンマクレガー、ケビンスペイシーなど
大物俳優で固めたコメディ映画、「ヤギと男と男と壁と」。
たいして笑えなかったしストーリーもチグハグ。映像で見せてくれるわけでもなく、僕にはピント来なかった。





ロッタ.png

ロッタちゃんはじめてのおつかい
ロッタちゃんかわいい。以上。





スクリーンショット 2013-05-01 2.01.14.png

グリーンフィンガーズ
ガーデニングの天才的才能を持った囚人をめぐる心温まる話。
良くある感動映画だけど、これが実話に基づいていることにびっくり。





スクリーンショット 2013-05-01 2.07.12.png

バーレスク
歌手になりたい女の子のサクセスストーリー。以上。





スクリーンショット 2013-05-06 16.46.10.png

四月の涙
映画の説明としては
「1918年のフィンランドの内戦を背景に、敵同士で出会ってしまった男女の運命と許されざる愛の物語」
ってことらしい。
でも二人の愛の話だけでなく、善悪やジェンダーの狭間で苦しむ登場人物たちの姿もうまく描かれていて
ただのラブロマンスにはおさまらない良い映画でした。
セリフも音楽もない沈黙のシーンがすごーく多いのだけど
それも退屈ではなくて、むしろストーリーを自分になじませる時間をくれているかのよう。
暗く悲しい話だけど名作。








posted by SUGI-NOTE at 02:18| Comment(0) | 映画

2013年04月09日

最近見た映画



近頃、良く映画を見る。

DVDを適当に3,4本借りてきて、夜寝る前に時間があれば
「眠たくなったら寝ればいい」ぐらいの気持ちで見る。
たいてい最後まで見るんだけど。


最近見た映画


1.jpg

ライフオブパイ 127時間 キツツキと雨 


2.jpg

未来を生きる君たちへ 運命じゃない人 桐島部活辞めるってよ 


3.jpg

ハンナ ラブリーボーン エクザム



4.jpg

マイレージマイライフ 猿の惑星 おくりびと



5.jpg

夢売る二人 グッバイレーニン ザ ファイター


唯一、「ライフオブパイ」は劇場で見た。
トラと漂流した227日の話。3D映像がすごくきれい。
ただ逆に3D特有の煩わしさみたいなものもあるような気がする。

「127時間」もサバイバルがテーマで
ライフオブパイみたいな映像美や教訓みたいなものはないけど
リアルでエグいぐらい生死の狭間を感じる映画。
僕は個人的にこっちの方が好きかな。

「キツツキと雨」はのんびり邦画を見たければ絶対おすすめ。
役所広司が好きになります。

「未来を生きる君たちへ」はかなり印象的だったけど、
どんな映画か説明するのは難しい。。。
宇宙人に「地球人はこういう生物ですよ」って伝えるのにちょうどいいかもしれない。
ありのままの人間。みんな見たら良いと思う。

「運命じゃない人」とか「桐島、部活やめるってよ」みたいな
突然時間が巻き戻って、今度は違う人の目線や違う角度で同じ日の話が進んで行き
少しずつ色んなことが繋がって行く手法(?)って誰が最初にやったんだろか。
そうやられると、とりあえず飽きることなく画面を追ってしまう。

「物語の中に銃が出てきたら、その銃は打たれなければならない」
とかってどこかで聞いて「なるほどなぁ」と思ったことがあったけど
「運命じゃない人」では銃は出てくるしヤクザも出てくるけど
発砲されないし、やくざも全然怖くない。むしろヤクザの親分がかわいい。
桐島は話題になるだけあって、こんな映画見たことない。


「ハンナ」の主演シアーシャ・ローナンは一際きれい。
透明感が半端ない。大ファンです。


ハンナ.png


この子の出てる他の映画を見たくなって「ラブリーボーン」を借りたのだけど
こちらはかなりの消化不良を引き起こす映画だった。救いがない。
何がしたいのかよくわからないけど、
人の気持ちを不安定にすることを目的に作られたのなら素晴らしい映画です。

「エグザム」は期待はずれ。
密室で、超難関就職試験に挑む数人が繰り広げるてんやわんやのお話。
期待して見たけど途中眠くなった。
最後の結末も僕にはいまいちピンと来なかった。

「猿の惑星」と「127時間」の主演はジェームズ・フランコ。
同意してもらえないことが多いんだけど、
僕はジェームズ・フランコ結構好きです。

珍しく新作を借りたのが「夢売るふたり」
昔はよく阿部サダヲに似てると言われたんだけど最近言われないな。

「グッバイレーニン」は久しぶりに見たけど、やっぱりすごく良い映画だった。
時代背景を説明的過ぎないように説明してくれながら
ストーリーもうまく繋がっていて、悲しい現実ながら微笑ましい。
単純にベルリンの町並みとドイツ語が懐かしくて嬉しかった。

「ザファイター」はロッキー的な話かと思って借りたけど
ヤク中やらモンスターペアレントやら、もっと人間臭い話だった。
実話に基づいているらしく、エンディングにちらっと出てくる本人映像が一番良かった。


何かもっと見た気もするけどもう思い出せない。
みんなおすすめ映画あれば教えてください。


posted by SUGI-NOTE at 17:36| Comment(2) | 映画