2016年12月11日

祝 1歳

先日、うちの子が1歳になりました。
お陰様でとっても元気です。

僕はそんなに出張が多い方ではないのだけど
運悪く誕生日当日は九州で泊まりの仕事でした。。。
奥さんと二人でお祝いをしたそうで、たいそうご満悦な写真が送られてきた。

HBD.jpg






後日、うちの母と弟を呼んで改めて誕生日のお祝い。

DSC09671.jpg


アホなかぶり物。
大人しくずっとかぶってくれるはずもなく、ちょっとしたらすぐこんな状態。

DSC09647.jpg


母と弟は息子にメロメロで、ただ歩き回る息子を見て、
その一挙手一投足にキャッキャ、キャッキャ盛り上がっていて
それを見てるのが面白かったです。

DSC09713.jpg

とっても平和です。

DSC09709.jpg


まだちょっと人見知り。うちの奥さんと僕以外の人が抱っこしたりすると大泣きします。
そんな息子はどんどんうちの奥さんに似てきてる気がします。



posted by SUGI-NOTE at 00:19| Comment(0) | 日記

2016年12月10日

BAK防具購入


防具一式購入。
全国少年少女剣道祭などで数年前から顔なじみの栄光武道具さんでBAK防具というのを買いました。


集合.jpg


自分の体をしっかり採寸してもらって一式作ってもらったのは初めてで
つけてみたら「体に合った防具ってこういうものなのか!」と
今までの付け心地との違いにびっくり。
ぴったりしっくりです☆
胴や垂れまでここまでの違いがあるとは思わなかったです。


面.jpg
ミシン縫いだけどとても柔らかい。


胴.jpg
胸飾りは最もシンプルなもの、胴台は少し凹凸のあるマットな漆塗調(?)にしました。


コテ.jpg


垂れ.jpg


本当は5万円くらいでとりあえず新しいものが買えればいいや、と思っていたのだけど
お店で並んでいる防具を見比べたら、BAK防具にひかれてしまって購入。

BAK防具についてはこんな記事がありました。
http://www.glorygear.jp/products/bak/bak_bogu.html


そして下手をすると防具よりも嬉しかったのがこの防具袋。

袋.jpg


栄光武道具さんのTONBOライトボストンという防具袋。
http://www.eikobudogu.com/bag/tonbo_bag/lightboston.html

今まで色々な防具袋を使ってきてそれぞれ一長一短だったけど、
僕はこれが一番気に入ってます。とても使いやすい。
まず驚くほど軽いです。冗談抜きで、持ったら誰もがびっくりする、絶対。
中身が入っていなくても四角い形がキープされます。
でもカチコチに硬い四角の箱って訳ではなくて、触るとふわふわ柔らかいという不思議。
カラになってもぺしゃんこにならず写真の形がキープされているので、
防具の出し入れがとてもしやすいです。

キャリーがついたものもあって、お店で触らせてもらったけど、
キャリー付きでも信じられないくらい軽かったです。
http://www.eikobudogu.com/bag/tonbo_bag/lightcarry.html


せっかく買ったのでまたせっせと稽古します。
間所さん、本当にありがとうございました。


posted by SUGI-NOTE at 02:05| Comment(0) | 剣道

2016年11月26日

映画「アズミ・ハルコは行方不明」


現在発売中のカルチャーブロスVol.5にて
蒼井優主演映画「アズミ・ハルコは行方不明」の松居大悟監督撮影させていただきました。


DSC07484.jpg
裏表紙と中面に掲載。


映画「アズミ・ハルコは行方不明」
http://azumiharuko.com




12月3日から。
見に行きたいです。
posted by SUGI-NOTE at 21:32| Comment(0) | 仕事報告

2016年11月12日

子供の写真


駒沢公園にて撮影。
今日のモデルはこちらのかわい子ちゃん。

DSC04938.jpg


自分でいうのもあれですが、子供の写真結構上手いんですよっと。
posted by SUGI-NOTE at 23:03| Comment(0) | 日記

2016年11月11日

はたらくおとこ 


先日、「はたらくおとこ」観てきました。


DSC04739.jpg


長塚圭史さん率いる阿佐ヶ谷スパイダーズ提供の演劇作品。


DSC09926.jpg


パンフレット用の舞台写真や本公演のメインビジュアルを撮影した関係でご招待いただきました。


DSC04741.jpg


舞台ってこの時代にフィルムで写真を撮るのに少し似ている。
ヴァルターベンヤミンの言うアウラを感じずにはいられない。
その時その場所一回きりであってよそ見をしていたらこぼれてしまう。
演者一人一人のそれまでの経験と努力による一瞬の爆発というか輝きの連続を見ていると
引き込まれて感情移入しないではいられない。
映画やテレビドラマとはまた違った世界に落ちていく感覚があり
「見ている」というより自分もその世界で息をしていたような気がしました。

東京では11/20まで下北沢の本多劇場にて。
その後、福岡、広島、大阪、名古屋、盛岡、仙台と日本を巡るそうです。
http://asagayaspiders.net/modules/tinyd0/index.php?id=66


posted by SUGI-NOTE at 23:13| Comment(0) | 仕事報告